小便器について

便器とは、人間が大小便の排泄に使う衛生陶器のことで、つまり、トイレのことを意味します。

便器には、小便器(小用専用)と大便器(大小用兼用)がありますが、まずは小便器について説明します。小便器は主に男性が使用しており、座らずに用をたせる形式の製品です。昔はしゃがむタイプの和式便器が一般的であり、男性が尿をしにくかったため、家庭にも小便器が設置されているところも多々ありましたが、洋式便器が普及したことで家庭に設置してあることは少なくなりました。尿が跳ね返り、尿石の付着を防ぐためにトイレボールという洗浄薬剤が排水口に置かれているところもあります。小便器には、床に置くストール型小便器と、壁に掛けてあるセンサーフラッシュバブル式壁掛け小便器があります。センサーフラッシュバブル式壁掛け小便器は、成人男性に合わせた高さで設置されていることが多いので、子どもには使いにくい形です。

そのため、低めの高さに設置されたり、踏み台を設けていたり、ストール型小便器も併設されていることがあります。他に、竹筒のような形の便器の筒型小便器は、和風の飲食店でよく使われ、幼児用にサイズを小さくした幼児用小便器は、幼稚園や保育上、子ども用トイレなどで見かけることがあります。最近では、排泄したあとに自動的に洗浄水が流れる赤外線センサーつきの便器や、マイクロ波によって感知する製品もあり、すっきりとしたデザインの小便器になっています。

大便器について

次に大便器について説明します。水洗式便器と便器に穴が空いている落下式便器があります。水洗式便器は、便器の給水口に水道管を接続して、水を流すことで便器内の排泄物を洗浄します。流された排泄物は、下水道が設置されているところでは下水・・・

進化したトイレ

最近のトイレ(便器)の特徴を紹介します。「シャワートイレ」「ウォシュレット」と呼ばれている温水洗浄便座は、洋式便器に設置して温水によって洗浄する機能をもった便座です。日本での普及率は7割ほどにあたります。温水洗浄便座は、1960年・・・